2021-04

釣具タックル

ショアジギングには欠かせない激投ストライク

様々な激投のジグがありますが、そのな中でもショアジギングにおいては激投ストライクが一番使いやすいかと思います。人気のある重さは釣具屋さんに在庫が置いてない事もしばしばあり、ネットでも売切れている事が多いので、見つけたら即購入をお薦めします。
オススメ

釣りの時のネックゲイターのおすすめはコレ!

お値段は3850円(税込み)とお高めですが、冷感刺激と吸熱冷感によって生地全体の温度を下げて冷感を与えるってすごく特殊感があって良さそうな感じしかしません。色はライトグレーとブラックの2色。一部ロゴは入ってますが生地自体は無地で、しかも丈も今まで見た中で一番長いです。
外食

【リチャード】摩訶不思議・照り焼きハンバーグを食す

行ってきたのは、ログハウスの外観の『リチャード』と言うハンバーグ押しの洋食屋さんです。店内はカントリー調になっていて、とても広々としています。インテリアも色々と置かれていて、見ていて楽しくなります。気になるメニューは、やっぱり焼きたて自家製ハンバーグ。数種類のソースがある様ですが、照り焼きがここの定番っぽいです。って事で、仙人は美味しんぼハンバーグステーキ、ドカチーはカントリー風ハンバーグステーキにし、それぞれライス・サラダセットを付けました。
外食

【おっ、おいしいっ。う、うまっ。】高級食パン買ってみた

奇抜なファッションと誰もが目を惹くような店名をネーミングする事で有名な、ベーカリープロデューサーの岸本拓也さんプロデュースの高級食パン専門店『お、おいしいっ。う、うまっ。』に行ってきました。昨年12月に広島県福山市に1号店がオープンし、今年3月に高松市にオープンしたそうです。販売しているのは「魅惑のくちどけ(プレーン)」2斤/864円(税込)と「葡萄の森(レーズン)」2斤/1058円(税込)の2種類。
沖磯遠征

青物狙いに牟岐大島に遠征してきました

4月上旬、近海で青物が上がっている事もあり、牟岐大島に遠征してきました。沖に行くのは約半年ぶりなので、ブリが釣れるのではと期待。牟岐大島には山下渡船さんを利用しました。船乗り場の目の前が駐車場になっており、船は全面ピンク色の珍しい渡船になっていて一際目を引きます。なので荷物を置く場所が分かりやすくて良いです。途中船内で磯に降りる順番を決めるクジ引きがあり、一番クジを引いた人には特典があります。牟岐大島には20軒近くの渡船屋があるそうで各渡船の一番クジを引いた人が磯場に集まり磯割のクジ引きをするんです。初めて見る光景でテンションが上がりまくりです。徳島や高知の渡船では、クジ引きシステムが多い様です。クジ引きが終わると、それぞれの磯場に猛スピードで向かい磯に降ろされていきます。
外食

【堂の浦 鳴門本店】鯛出汁香る鶏の塩味らぁめんを食す

『堂の浦 鳴門本店』に行ってきました。以前伺った『堂の浦 北灘海鮮食堂店』と同じ系列店となっており、堂の浦本店は北灘海鮮食堂店とは違ってラーメンの単品注文(600円)が出来ます。ラーメンセットのは800円で替飯+揚げ物が付いてくるのでオススメ。
外食

【讃岐らーめん はまの】金土日限定いりこラーメンと担々麺を食す

今回は『讃岐らーめん はまの』に行ってきました。古民家を改装して作られたお店になっていて、中は天井が高く明るすぎない店内で雰囲気が出てます。メニューの多さにビックリ。担々麺も3種類もあったり、讃岐らしく釜玉らーめんもあったり、五目らーめんも期間限定であったりとバリエーションが豊富すぎです。
外食

【華宮】ご当地グルメ讃岐餃子・担々麺・酢豚定食を食す

ずっっっっと来てみたかった『華宮(かきゅう)』に行ってきました。何この讃岐餃子!!初めて知ってテンション上がりました。調べてみるともちもち食感が特徴の香川県オリジナル小麦「さぬきの夢」を使用した皮と、香川県産の肉や野菜を使った特別な餃子との事です。お店によって調理法やアレンジが違うみたいなので、各店舗で食べ比べてみるのもおもしろそうですね。
オススメ

ハイボールを味変しましょ!チョイ足し史上最強を発見!!

黄色のぽん酢。ポン酢コーナーに売っててたまーに見かけるけど、買ったことはありませんでしだが、ついに買ってしまいました。黄色=柑橘系に違いないって事で裏を見ると、かんきつ果汁、醸造酢、酸味料、香料、が入っておりこのかんきつ果汁が何なのか分からないけど期待が高まります!それではハイボールを作っていきます。
タイトルとURLをコピーしました