落雷注意!!竿に電気が走った瞬間!!

雷 釣り

仙人とドカチーの住んでいる地域では、最近雷が頻発していて落雷に警戒する様に予報が出ていました。釣りをしていると雷がゴロゴロ鳴ったり、空がピカっと光ったりしたら釣り竿に落雷する可能性があるので、直ぐに釣りを止めると言うのは常識ですが、釣行を予定していた午前中は快晴とまではいかなくてもちょっぴり晴れ間もあったので、のんびりと釣りに行って来たんです。
もちろん雷の兆候があれば直ぐにやめる予定でね!


午前は晴れていたのに、午後になると段々と曇りだし雨が降りそうで降らない様な天気になってきました。遠くの山なんかは雨雲っぽい感じもあったんですが、まだ仙人とドカチーたちのいる場所では曇り空で海風も涼しかったので、絶好の釣り日和~♪本当に雷落ちるのかな?なーんて呑気にポイントを変えて釣り場に向かっていたのです。

釣場に着き先頭は仙人がバッカンを持って歩き、ドカチーは釣り竿を2本持って後ろを歩いていました。この時は堤防下を歩いていましたが、堤防の上に上がって潮目が濃く出ている先の方に向かって歩いている時でした。
ドカチーは竿2本を右手で持っていたのですが、握っている手がなんか痛い。これは竿を2本持っていたために、手のひらの肉が間に挟まって痛いのかなーって思っていたんです(笑)

左手はスマホを持っていたので握り直す事も出来ず、早く釣場に着いて竿を置かねば右手が痛くて死ぬ!って感じで早歩きしていたのですが、なんか右手がやけに痛いなーしかもバチバチ痛いなーなんかおかしいなーって思っていたのです。

あまりにも痛いので、なんとか握る位置を変えようと竿を上方向にした時に右手の人差指と中指が
『バチッ!!!』と電気が走った様な痛みの衝撃が走りました!!

めちゃくちゃ痛すぎて思わず『痛っっっっっっったーッ!!!』と叫んでしまいました。一瞬の痛みだったけど、めちゃくちゃ痛すぎて驚きました。そして瞬間的に思ったのがこれは雷では?!だったのです。
呑気に釣り場に向かっていたとはいえ、空は光っていないか、ゴロゴロ鳴っていないかと注意深く見ていましたが、そんな兆候は皆無でした。なのでまだドカチー達のいる場所では大丈夫と思っていましたが、この右手のバチバチする痛みと衝撃は絶対に雷だ!!と確信して、仙人に『これ雷落ちて来るわ!帰ろう!!』と言いすぐさま車に戻りました。

車の中で調べてみると、やはり雷予報が出ていましたが、雷の兆候がない場合でも落雷の危険性があるのだと知りめちゃくちゃビビりました。


この様に空が光っていなくても、雷雲の近くでは空気中や地面に静電気が溜まりは始めていて落雷のする可能性があるのだとか!

ましてやゴルフクラブや釣竿の様な物を体より高く掲げると、避雷針の様に雷を引き寄せてしまうので、本当に超危険なのです。
つまりドカチーの持っていた釣竿にプチ雷が落ちたって事ですな(゜_゜)
そりゃ背丈よりも長い金属の棒を持って歩いていたんですから、雷が落ちて来やすい状況だったんだなと思いました。
今回は手の痛みだけですみましたが、あれを雷の兆候と思わすにそのまま釣りを続けていたらもっと大きな落雷が落ちた可能性もあったのかと思うとゾッとしました。

雷から身を守る

もし雷が発生したら、まず開けた場所が危険になるのですぐさま移動をしましょう。建物や車(オープンカー不可)があれば姿勢を低くした状態で移動し中に入りましょう。その際も竿はなるべく横向きにして移動しないとですね。
ちなみにビルや家の軒下なんかは、屋根に落ちた雷が壁や軒先を経て軒下にいる人達に飛んでくることもあるそうなので気を付けた方が良いそうです。


近くに避難できそうな建物や車がない場合は、直ぐに姿勢を低くし座る場合は、体育座りする感じでしゃがみこみ、その時につま先で体を支えると地面と体の接地面が少なくなるので、体に流れる電流の量が少なくなるそう。しかもつま先だけ地面に着けて、尚且つ足のかかとをくっつけておくと、電気が右から左(逆も然り)に流れるので、感電のするのを防げるそうです。

いやぁ本当に手くらいで良かったですが、目に見えない物を避けようとするのは難しいので、天気予報をしっかり把握しながら行動するのみですね!

皆様も雷予報が出ている時は、気を付けて釣行されて下さい!

仙人とドカチー

仙人とドカチーの休日の過ごし方を紹介。趣味は広く浅く楽しくがモットー。釣りと食べ物を主にピックアップ。たまに登山、ゴルフもします。いつかヒラマサを釣りたい仙人とドカチー。そんなドカチーは美味しいもの食べるのがこの世の幸せ。

YouTube【仙人とドカチー 釣りとか。】
Instagram【仙人とドカチー】

☟☟下のボタンをクリック☟☟

仙人とドカチーをフォローする
釣り 雑談
仙人とドカチーをフォローする
仙人とドカチーの食い倒れ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました