周りはイワシ爆釣!!便乗してサビキ釣り挑戦

堤防・エサ釣り

この日は風が強く、風裏になるエリアが少ないので釣り場周辺を車で下見。するとルアーマンらしき釣り人が数十人近くおり青物湧いてるのかなと思いきや、仕掛けが違う。どうやらテトラ先ではボラがものすごく湧いていてボラ釣りの人達みたいでした。

目的の釣り場に着くと、想定通りたくさんの人で大賑わい。お祭りするんじゃないのかレベルで密接しており、ほとんどの人がサビキをしてました。

そしていつもなら外海の方に面して釣り人が多いのに、今回は内海の方が人気。

よーく見てみると、なんと内海の方でイワシがめちゃくちゃ湧きまくっている!!そしてみんなイワシフィーバーが永遠と続いている。ドカチーの夢見るような爆釣祭りが目の前で繰り広げられているけど、人人人で入る隙は全くない。なので、そのうちイワシ周ってくるかもと期待しつつ外海でドカチーはサビキを開始。仙人はイワシを食べにフィッシュイーターが来るんでない?ってことで、ワームにて釣り開始。

リール:シマノ/STRADIC C3000XG
ロッド:シマノ/FREE GAME XT S86M

しかし何回投げようとも、イワシがやってくる気配なし。後ろでは爆釣状態。辛いです。するとおっちゃんが、「外海の方は午後からイワシが周ってくるよー。しかも内海のより大きいから。」と貴重な情報ゲット。

内海はこのまま待っても場所が空きそうにないので、釣り場移動。爆釣の場所から100メートルくらい移動して釣り開始。人が少なくて気が楽。しかし、釣れない。やはりあの激戦区でないと厳しそう。

恐らく昼食の時間帯に少し人が減るはずと読み、仙人とドカチーは釣り場に来て早々に昼ご飯にしました。今回は久々のお弁当。

ご飯を食べ終え、再びイワシ爆釣ポイントに移動すると、場所が空いてるーーー!!読み通りです!!そして早速サビキを投げます。
竿が短いので遠くには飛ばせませんが、そんな遠くに投げなくても魚が釣れてる状態。これはイケる!!
しかしよく観察するとドカチーの周りは釣れてない雰囲気。どうもドカチー達のいる所より、7〜8メートル先の堤防辺りに溜まっている様で離れてる所では釣果が厳しい状態。

しかしイワシは回遊魚。きっと周ってくる。
諦めずに続けているとググっと当たりの感触が!!!
きたっ!!!竿をゆっくり引き上げるとイワシが掛かってる。うっうれしい〜。地味に今年初めての釣果であります。しかも食べれる魚。本当に嬉しいです。小さいイワシではありますが、やっぱり魚の当たった時の感触はめちゃくちゃ興奮しますね。小さいのに嬉しすぎて、心臓がバクバクします。

しかし釣果があまり伸びない。入る場所が違うだけで釣れ具合が全く違う。そうこうしていると外海の方でもイワシが釣れ始めていました。

そうだった!!午後からは外海でも釣れるんだった!!っと思った時にはもう遅く、入る場所が全くない。内海の爆釣具合に気を取られていました。
外海にベイトが入った事から、なんとスズキも釣れ始めている!!仙人は内海でフィッシュイーターを狙っていたので、くやしがってました。

サビキの餌も少なくなり、仙人と交代。なんと仙人、最後の餌でイワシ2匹ゲット。

釣れてた人は50匹以上釣ってたと思います。仙人とドカチーは合計5匹。爆釣とは程遠いけれど、余らず食べれる分だけのイワシが釣れて良かったです。

帰ってハイボールを飲みつつ、イワシを下処理。たった5匹だけど、自分達で釣ったのを食べれるって最高に幸せの極み。

美しいーーー。キラキラしてて本当にルアーの様ですよね。そうだ!イワシのムニエルなんかにしちゃおうって思ったんですけど、小麦粉付ける作業を面倒くさいので省略。フライパンに入れる油をめちゃくちゃケチって1滴しか入れなかった結果、ただのイワシの焼いたのになりました(笑)

見た目がズタボロですが、火が通ってるので良し。

仙人とドカチー

仙人とドカチーの休日の過ごし方を紹介。趣味は広く浅く楽しくがモットー。釣りと食べ物を主にピックアップ。たまに登山、ゴルフもします。いつかヒラマサを釣りたい仙人とドカチー。そんなドカチーは美味しいもの食べるのがこの世の幸せ。

YouTube【仙人とドカチー 釣りとか。】
Instagram【仙人とドカチー】

☟☟下のボタンをクリック☟☟

仙人とドカチーをフォローする
堤防・エサ釣り 釣り
仙人とドカチーをフォローする
仙人とドカチーの食い倒れ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました